作家の手帖

じぶんの「つづき」を書こう。

小澤みゆき「PRのための『周辺』原稿」

担当する目次

16.パブリシティ:広告/宣伝/販促/PR/SNS/検索/効果測定

プロフィール

1988年生まれ。東京都在住。会社員。編著に『かわいいウルフ』(亜紀書房)。近著に「ウルフ・チャット」「文芸という海――メジャーとインディペンデントの波間で」(「群像」掲載)、「若さの予感」(「しししし」掲載)。すきなアイスは「チョコミント」。

初稿

※こちらは「初稿」です。「完成稿」は購読者限定です。購読チケットはSTORESから。

はじめに

本の企画やPRも立派なモノづくりのプロセス。部数の獲得、制作費の回収、原稿料や印刷費の支払い――創作活動を持続可能なものにするためには、読者の認知獲得やメディアへの売り込みといった、本の「周辺」に位置する数多くの原稿が必要になる。

企画〜制作初期

制作中

発売後

さいごに

すべてを最初からできていたわけではなく、他の同人誌に多くを学んだし、他業界のプレスリリースや企画書も参考にした。また、同人誌と商業書の両方を経験して、PRにおける出版社の存在はやはり大きいと感じた。取次流通の営業実務やメディア対応、献本作業は基本的にまかせられる。もちろん作者による(主にネットでの)積極的な情報発信の大切さは変わらない。大切なのは一人でも多くの読者に手にとってほしいという熱意と、「周辺」の原稿もモノづくりの一環だと楽しむ気持ち。売ることは、作ることと同じく喜びに満ちた行為なのだから。



TOPページ

  1. 『標準 編集必携 第2版』(編集:日本エディタースクール、2002、日本エディタースクール出版部) 

  2. スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫氏の働き方が参考になる。/『「もののけ姫」はこうして生まれた』(製作:徳間康快、企画:鈴木敏夫、2001、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社) 

  3. RTやいいねが100件を超えると、ある程度の人数に期待・認知されていると実感できた。Story Design house株式会社の公式note掲載のインタビューでも詳しく語っている。 

  4. サムネイル画像だけならGoogle SlidesやPowerPoint、ペイントなどで作成可能。 

  5. OGPはOpen Graph Protocol で、ウェブサイトの情報をSNSでシェアする際に必要な情報。HTMLタグとして記述すると、リンク画像やページタイトルが展開され、クリック率の向上が期待できる。Twitter / Card Validator Facebook / シェアデバッガー 

  6. 独立系の出版社や取次がリリースをウェブサイトに公表することもある。例えば本の販売代行を行うH.A.B.では、「注文書」と呼ばれる書店向けの営業資料をウェブで公開している。また、河出書房新社はしばしばPRTimesで新刊告知のプレスリリースを配信している。 

  7. 例えばWiX。とにかくサイトが「ある」ことが大切。 

  8. 文芸誌への献本が編集者の目に留まり、寄稿依頼を頂いたことがある。売上に直接つながったわけではないが、これも「周辺」原稿だろう。 

  9. 文章表現のグループ・いぬのせなか座の山本浩貴さんがプレスリリースをツイートした例。 

  10. 告知ツイートのアクティビティのキャプチャ画面を残すだけでもよい。ウェブサイトのアクセス解析はGoogle Analyticsが一般的だが、noteやはてなブログといったCMSでも独自の簡易ツールを提供している。 

  11. 書類共有にはGoogle Docsをおすすめする。Wordやテキストファイルを複数人でやりとりするとバージョン管理ができないし、情報が漏れる恐れもある。出版は立場の異なる複数の人々が関わる共同プロジェクトなので、情報へのアクセスのしやすさや透明性はとても大切だと思う。